世界で活躍!セキュリティ

NIST SP800-171の情報はこのサイトをチェック

NISTはアメリカの国立研究所のことで、正しくは「国立標準技術研究所」と言います。
この研究所が定めたセキュリティの基準である「SP800-171」が今話題です。
このサイトではアメリカのセキュリティ基準が日本にどのような影響を与えるのかを解説していきます。
他国のことだから日本に関係がないと思うかもしれませんが、内容や目的を知ることで、その背景や日本でも知っておくべきことへの理解が深まることでしょう。

NISTのSP800-171とは?内容・目的・必要性・背景などを徹底解説

NISTのSP800-171とは?内容・目的・必要性・背景などを徹底解説 NISTが定める「SP800-171」について詳しく解説していくと、アメリカ政府との取引先を対象とする、セキュリティに関するガイドラインで、日本でもアメリカと取引を行おうとするIT企業であれば、そのセキュリティ基準を守る必要性が出てきます。
なぜそのようなガイドラインが作成されたかというと、きっかけは2017年に戦闘機に関する情報を含むデータが流出したことです。
しかも、サイバー犯罪者から流出したことが4ヶ月間気付かれておらず、ログイン名やパスワードも脆弱で誰でも推測しやすいものを使用していたそうです。
この事件をきっかけにNISTは、アメリカ政府と取引をする外国企業であっても、SP800-171を守るようにセキュリティを整備してきました。
ですから日本のIT企業が取引を行う場合にもガイドラインを守る必要があるのです。

NISTが発効したSP800-171の重要性

NISTが発効したSP800-171の重要性 SP800-171はNISTが発効したセキュリティ基準の中でも重要性が高く、日本はもちろんのことヨーロッパをはじめとした世界各国の企業にも関係しています。
NISTがSP800-171を発効することにより、アメリカ国防省は取引企業へのSP800-171準拠を求めるようになりました。
これはアメリカ国内だけではなく、日本などの諸外国も対象に含まれています。
アメリカを重要な取引先とする以上、日本企業もNISTが発効した意味を軽視するわけにはいかないでしょう。
アメリカは大きな力を持つ国であり、アメリカの企業も日本にとって魅力的な企業ばかりです。
軽視すればアメリカを中心とした取引から取り残されてしまうことからも、発効の重要性が判ります。
この発効を重視した日本政府でも新防衛調達基準を設定し、国内でスタートさせています。
防衛やインフラといった欠かすことのできない分野において、新たな基準として定着していくはずです。
NISTにより指定された14種類のセキュリティ要件には、多数の分野が含まれています。
14種類のセキュリティ要件の重要性を理解するためには、関連するNIST SP 800-53などにもにも触れていく必要があるでしょう。

NISTが日本経済に及ぼす影響力について

NISTとは日本語で米国標準技術研究所と称します。NISTの任務目的は米国の技術革新と産業競争力の促進となっていますが、NISTがだしているガイドラインは日本経済にも少なからず影響力を有しています。
というのもガイドラインに沿わない企業との取引は米国政府としては認めないということになっているからです。そのガイドラインの主な内容はセキュリティーに関するものであり、米国企業と取引を実施するためには、ガイドラインに定められたセキュリティー上の処置を実施する必要があります。
大手企業であればすでに処置を実施しているところが多いでしょうが、これからそのような処置を講じる必要のある中小企業に対しては厳しい基準をつきつけられているとも思えます。
産業スパイやサイバー攻撃などが蔓延る現状において、セキュリティー強化は重要な要素ではあるものの、十分な処置を講じるまでには一定の期間と経費が必要となることから、当面の間NISTのガイドラインが日本経済に及ぼす影響は無視できないものになると予想される。

NISTは安全保障の上でも非常に重要なガイドライン

NISTは安全保障の上でも非常に重要なガイドラインとなっており、これを遵守しないと様々なトラブルに見舞われる可能性があるばかりでなく、ビジネスの上でも大きな影響を及ぼしてしまうため注意をしなければなりません。
デジタル技術を利用した様々な商取引が頻繁に行われるようになっている現代では、その安全性と機密保持の仕組みが非常に重要な要素となっています。
またその仕組みを利用して様々な問題を引き起こそうとするものも存在していることから、このような問題の発生を未然に防ぐために、危険な要素のあるものは受け付けないといった強固な姿勢を持つことが重要なポイントとなります。
現在では官公庁を中心にこのガイドラインが日本でも利用されていますか、その反面企業で導入しているところは少ない傾向にあります。
今後はDX推進の方向性と絡んで、NISTも重要な役割を担うものと考えられており、多くの企業が導入を検討しなければならない状況になっていると考えられます。

NISTは様々な可能性を考慮していることがガイドラインからわかる

NISTが規定するセキュリティガイドラインは、様々な項目に細分化されており、その内容を見るといろいろなケースを想定しその可能性を排除していることがわかります。
多くの企業が情報漏洩対策で失敗している要因は、この可能性の想定不足にあると考えられる面が非常に大きなものとなっています。
情報漏洩を引き起こす要因はセキュリティの脆弱性と社内のコンプライアンスの問題から来ることが多いとされていますが、要因は実はそれだけではありません。
情報管理のプロセスそのものに問題があることも多いため、これをガイドラインに沿って見直すことも重要な対策になります。
多くの企業では話題になっている対策を必要最小限に施すことでその費用対効果を高めることを考える場合が多いのですが、これだけでは十分な情報漏洩対策を行っているとは言えません。
NISTが提唱するガイドラインは非常に多くの項目にわたっており、その中には過剰であると考えられる面もあります。しかしこれを行うことが、実際には重要なポイントとなっているのが実態です。

NISTの認知度を高めることが安全管理の充実につながる

最近では情報漏洩の問題がニュースになる事は多く、特に企業の持っている様々な個人情報データベースが流出してしまうと言うことが少なくありません。
企業は多くの個人情報を所有していると言うことが多く、その管理には充分でないと様々なトラブルを招いてしまうことも多いものです。
特に企業を信用しこれらの情報を提供している利用者にとっては、その管理のずさんさなどが信頼を損ねるものとなることも少なくありません。
最近では、米国が提唱する情報セキュリティのガイドラインであるNISTが話題になることが多くなっています。これは米国が海外から様々な部品などを購入する場合、このガイドラインに合致していないと購入することができないとしているものです。
細かな規定が詳細に示されており、非常に厳しいものとなっているのが実態です。あまり日本では認知されていないことも多いのですが、日本でも防衛省を始めとする海外と取引を行う部署でNISTに準じた取引を行っており、その安全性を重視する傾向も強くなっています。

悪意あるハッカーに対抗する為のNISTについて

米国標準技術研究所のNISTといえば、セキュリティ分野でも影響力が高く、発表される内容には日本を含めて世界の各国が興味を示しているのではないでしょうか。
NISTは悪意あるハッカー、それも国家の支援を受けて活動する人達による攻撃を念頭に、対策方法を検討したり情報などの提供を行っています。
攻撃に対する防御に役立つツールの提供もその1つで、強力で脅威となるハッカーに対抗する手段を提供しているのがポイントです。
ネット上におけるサイバー戦争は、既にどの国も軽視したり無視できない脅威となっています。情報の漏洩や改ざん、システムの不正な侵入や操作など、企業だけでなく国家にとって安全を脅かすものです。
現に学校や病院などが狙われているケースもありますし、日本も例外ではなく常に脅威にさらされています。NISTはセキュリティ対策の指針を示したり、具体的な対応方法を提供するなど、現実的で役立つ方法を発信していますから、情報を目を向けて自分のことと捉えて取り組みを始めることが大事ではないでしょうか。

NIST SP800-171に関するお役立ち情報

NIST SP800-171についての情報

Copyright © 2021 世界で活躍!セキュリティ All Rights Reserved.